<   2014年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

年末のJR、JP、大名古屋

c0345982_22182751.jpg
今年の後半、次々タワークレーンが出現して、我々を楽しませてくれた(?)JRゲートタワー建設現場。
3階~4階を組み立てているが、奥の方を見ると、少し高くなった場所を確認する事ができる。

c0345982_2218374.jpg
北東方面から、覗き込むように写してみる。
どうやら、高層棟は5階~6階の鉄骨を組み立て始めているようだ。
年が明けたら上から見てみたいな。

c0345982_22184923.jpg
c0345982_22185964.jpg
JPタワー名古屋は、結局、38階~39階の鉄骨を組み立てたところで、仕事納めとなった。
40階は、少し特殊な構造らしいが、塔屋やヘリポートも含めて、どんな雰囲気になるのか注目したい。

c0345982_2219941.jpg
こちらは、鉄骨組み立てが26階付近(縦方向の鉄骨)まで進んだところで、年を越すことになった大名古屋ビルヂング。

c0345982_22191922.jpg
ガラスカーテンウォールの設置は、15階付近。
ただ、ここへ来て、また、ちょっとしたサプライズがあり、天井高の高い15階の上部は、梁の部分が2段構造になっていた。

c0345982_22192833.jpg
更に、低層階部分、スカイガーデンのすぐ下には、何やら不思議な格好の部材が取り付けてある。
いつものように、EOS Mで写してみると・・・

c0345982_22193852.jpg
どうやら、施設内の案内板のようだ。
まだ低層階部分が六角形になっていないのに、もう案内板!?
それにしても、相変わらず謎が多いな、大名古屋ビルヂングは(笑)
[PR]
by mie77_ex | 2014-12-30 20:09 | 名古屋駅前の風景 | Comments(2)

大名古屋ビルヂング 28

c0345982_20413169.jpg
ロータリー側

c0345982_20413920.jpg
JR、JP側

c0345982_20414762.jpg
KDX名古屋駅前ビル側
大名古屋ビルヂングのガラスカーテンウォール、例の木目調の部材の取り付け作業は、9階フロアまで到達している。

c0345982_20415521.jpg
また、防護ネットがあるので少し見辛いが、スカイガーデン、斜めの柱付近の白いパネルの設置作業も、少しずつ進んでいた。

c0345982_2042363.jpg
一方、JRゲートタワーは、鉄骨組み立てが進み、完成後の建物全体の幅、大きさが想像できるようになってきた。
桜の季節頃には、かなり進んでいるのではないかな?
[PR]
by mie77_ex | 2014-12-27 11:34 | 大名古屋ビルヂング | Comments(4)

JRゲートタワー 24

c0345982_20361759.jpg
那古野の交差点を右折すると、巨大なゲートタワー商業棟の姿が目に飛び込んできた・・・。
近い将来、そう感じる日が来るだろうね。

c0345982_20362583.jpg
東側から

c0345982_20363387.jpg
北側から

c0345982_20365484.jpg
南側から

高層棟も進展がありそうだったので、タワーズ駐車棟に上ろうとしたが、通路が渋滞していて諦めるしかなかった。

c0345982_20371311.jpg
さて、それから数時間後、後ろに佇むJPタワー名古屋の東側(名駅通り側)、フィンの部分が僅かに光っている。
今日のように雲が流れる日は、光る場所が常に移動していて、なかなか幻想的。

c0345982_20372698.jpg
(12月13日、土曜日、午後3時前撮影)
因みに天候が良く、西日が強い日は、眩しいくらい明るく輝いている。

すでに太陽は西に傾いているので、角度的に何処かからの反射光だと思うが、こうして、雲のない日でも光と影の部分がランダムにあるので、ひょっとしたら、大名古屋ビルヂングの仕業かも知れないね(笑)

c0345982_20373998.jpg
(12月13日、土曜日、午後3時前撮影)
まるで、巨大なクリスマスツリーみたいなので・・・メリークリスマス!
ちょっと無理があるか(苦笑)

下3枚の写真は、いつもより大きなサイズになっています。
[PR]
by mie77_ex | 2014-12-24 23:36 | JRゲートタワー | Comments(2)

大名古屋ビルヂング 27

c0345982_2245763.jpg
大名古屋ビルヂング、ガラスカーテンウォールの木目調の部材が、8階フロアにも取り付けられている。

c0345982_22451539.jpg
ただ、他の内装工事との手順の問題があるのか、7階は、右手(東側)を中心に、まだ、未装着のところもあった。
なかなか、たいへんそうだね。

c0345982_22452257.jpg
現在、25階の鉄骨を組み立てているタワークレーンは、日曜日で休みだった。

c0345982_2245272.jpg
同じく、JPタワー名古屋のクレーンも止まっていたが、そろそろ完了する38階~39階の次は、どうなるのだろう?

c0345982_22453574.jpg
唯一動いていたのは、JRゲートタワーのタワークレーン。
僕が撮影していた昼頃には、5基のうち、高層棟を中心に3基が稼働中だった。
やっぱり、少しでも早く工事を進めたいんだろうね。
[PR]
by mie77_ex | 2014-12-22 00:30 | 大名古屋ビルヂング | Comments(2)

JRゲートタワー 23

c0345982_22415791.jpg
東側から

c0345982_2242769.jpg
南側から

JRゲートタワー商業棟、名駅通り側に、新たな鉄骨が立っている。
これを見ると2階分なので、先日お伝えしたタワーズ駐車棟側の鉄骨も3階~4階なのかも知れない。

c0345982_22421671.jpg
正面から

c0345982_22422383.jpg
少し横(西側)から

次は、タワーズ駐車棟から、高層棟の建設現場を見てみる。
南北の中心部分に、同じく2階分の鉄骨が立っているので、JRは基本的に2階ずつ積み上げていく方針なのかも知れないね。

c0345982_22423796.jpg
今度は、名駅通り側へレンズを向けて写してみる。
トラックで資材を搬入し、この大きな穴から、各種クレーンを使って吊り上げているようだ。

年末で忙しいけど、一度上の方から全体の様子を見てみたいな・・・。
[PR]
by mie77_ex | 2014-12-19 23:54 | JRゲートタワー | Comments(2)

大名古屋ビルヂング 26

c0345982_22382833.jpg
大名古屋ビルヂング、ロータリー側のガラスカーテンウォールは、現在、13階まで到達している。

c0345982_22383689.jpg
また、一度取り付けられたものの、数日後撤去された木目調の部材が、再び、7階フロアで設置され始めていた。
上の階へも進むのかな?

c0345982_22384318.jpg
一方、先日お伝えした、スカイガーデンの階の白いパネルは、JR、JP側にも備え付けられており、最終的な外壁で間違いないと思う。

c0345982_22385428.jpg
完成パースと照らし合わせてみると、良く分かるね。

現在、名古屋市内では雪が降っており、積もりつつあります。
明朝、通勤通学時は十分注意して下さい。

[PR]
by mie77_ex | 2014-12-17 23:06 | 大名古屋ビルヂング | Comments(2)

JRゲートタワー 22

c0345982_19494678.jpg
(12月13日撮影)
JRゲートタワーのタワークレーンが、すべてクライミングを済ませ、準備が整ったのは先週中頃。

c0345982_19495622.jpg
それから数日経っているが、商業棟、タワーズ駐車棟側には、3階部分の鉄骨が立ち始めている。

c0345982_1950337.jpg
また、先日展望台から見た時は、真ん中に大きな空洞があったが、そこにも鉄骨の姿が見られるようになってきた。

来年は、一気に盛り上がりそうだね。
[PR]
by mie77_ex | 2014-12-16 23:06 | JRゲートタワー | Comments(2)

大名古屋ビルヂング 25

c0345982_1947568.jpg
大名古屋ビルヂング、KDX名古屋駅前ビル側、スカイガーデンの階(低層階部分の屋上)に、白いパネルが取り付けられている。

c0345982_1948519.jpg
最初は、一時的な防護パネルかとも思ったが、どうなんだろう?
更にその手前には、ガラス系(?)の部材が、まるで出番を待つかのように、たくさん置いてある。
何かが始まりそうな予感がする(笑)

c0345982_19481253.jpg
それとは逆に、ロータリー側の7階、ガラスカーテンウォールに取り付け始められていた木目調の部材が、突然撤去、無くなってしまった。
設置するタイミングが早過ぎたのかなあ?
内装工事は、多くの業者が過密スケジュールの中、出入りするから、たいへんだろうね。
[PR]
by mie77_ex | 2014-12-13 22:46 | 大名古屋ビルヂング | Comments(0)

名古屋駅前の風景18

c0345982_19421392.jpg
第二豊田ビル建設現場を、覗き込むように見てみる。
前回から、それ程変わっていないようにも感じるが、所々にある橙色の部分は、地下から伸びる鉄骨の先端を覆ったカバーじゃないだろうか?
そろそろかな?(笑)

c0345982_19422694.jpg
最近、敷地の西端に設置されたモックアップ。
これを見ると、やっぱり、ミッドランドスクエアに近い外観になりそうだね。

c0345982_194236100.jpg
大名古屋ビルヂング、高層階部分の鉄骨組み立ては、現在23階、一部縦方向の鉄骨は24階まで到達している。
今年中に、どこまで伸びるかな?

c0345982_19424549.jpg
最近気になっている、スカイガーデンの階、ロータリー側の様子。
ガラス系の柵を取り付けるための枠かなと思っていたが、上から見ると随分奥行きがあるのが分かる。
いったい、何ができるのだろう?

c0345982_19425873.jpg
南東側では、まだ地下からの土の運び出しが続いていた。
ある程度工事が進んでいるのは分かるが、まだ時間がかかりそうだ。

c0345982_1943139.jpg
こちらは、最終段階に入っているJPタワー名古屋の高層棟。
現在、高さは180mくらいで、隣のルーセントタワーとほぼ同じくらいになっている。
ただ、ここに来て、突然不明な点が出てきた。

c0345982_19432964.jpg
当初、38階~40階の鉄骨組み立てを予想していたのだが、現在、工事は2階分にとどまっている。
これは38階~39階なのか、あるいは、ここ一年どこかで階数のカウントを誤り、39階~40階の組み立てを行っているのか、現時点では判断することが出来ないのだ。

c0345982_19434135.jpg
何とか手がかりが欲しくて、予備で持って行ったEOS Mの望遠レンズで鉄骨を撮影、更にトリミングをしてみた。
下の鉄骨には「39GX・・・」、上の鉄骨には「40GX・・・」と書かれているのが確認できるが・・・どう考えたら良いのかねえ?(苦笑)

c0345982_19435683.jpg
気を取り直して、JRゲートタワー商業棟建設現場を見てみる。
地上にいると、かなり建設が進んでいるように感じるが、こうして上から見ると、まだ、真ん中付近は空洞になっていた。

c0345982_1944883.jpg
西側、セントラルタワーズ側。

c0345982_19442124.jpg
東側、名駅通り側。

c0345982_19443540.jpg
北側、JPタワー名古屋側。
例の、鉄骨の上に載っているクレーンの近くに資材が置かれているので、一旦このクレーンで資材を整え、その後、タワークレーンで吊り上げる事になるのかも知れない。

c0345982_19444640.jpg
高層棟の方は、どうやら最後まで残っていた西側の窪みにも鉄骨が組まれ、2階まで完成したようだ。
これからは、タワークレーンがフル回転する?

c0345982_19445765.jpg
最後は、エレベーター内から撮影した、JR、JP建設現場全体の様子。

JPタワー名古屋の階数の件も気になるが、JRゲートタワーの鉄骨組み立ての手順がどうなるか、興味があるなあ。
本格的に始まったら、また見に行こうかな(笑)

(写真は、すべて12月9日のお昼頃に撮影したものです)

[PR]
by mie77_ex | 2014-12-10 23:48 | 名古屋駅前の風景 | Comments(4)

大名古屋ビルヂング 24

c0345982_19383546.jpg
大名古屋ビルヂングの中で働く、作業員の方が担いでいる部材には、見覚えがあった。
そう、ガラスカーテンウォールに付いている、例の「木材のような部分」。
これからは、「木目調」と表現する事にしようかな。

c0345982_19384583.jpg
右方向に目をやると、7階フロアでは設置作業が行われている。
KDX名古屋駅前ビル側、JR、JP側の下の階を除けば、各階の繋ぎ目、つまり梁の部分のみかな?と思っていたが、どうやらすべての面に取り付けられるようだ。

c0345982_19385498.jpg
こちらは、昨年敷地内にあった、モックアップ(高層階は右側)。
少し色合いは違うが、上から下まで、木目調の部材が付いている。

c0345982_1939674.jpg
どちらがデザインとして良いかは好みの問題だろうが、フィンがランダムに付いているだけに、等間隔に、綺麗に並ぶ木目調のラインが伸びている方が、安定感があるような気がする。

さて、あとは、低層階部分のガラスがどうなるかだが・・・
その前に、早く六角形になって貰わないとね(苦笑)
[PR]
by mie77_ex | 2014-12-08 23:58 | 大名古屋ビルヂング | Comments(0)