<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大名古屋ビルヂング、閉館記念写真展

c0345982_2136383.jpg
c0345982_2136453.jpg
先月23日まで開催されていた、閉館記念写真展。
展示されていた143点、その多くが白黒写真であることからも、長い歴史のあるビルだという事が分かる。

撮影お断りの張り紙があったが、警備の人に聞いてみると、来場者に迷惑がかからない程度ならとの事だったので、消音モードにして、貴重な記録を収める事にした。

c0345982_21365850.jpg
1949年の名古屋駅前、左上が、大名古屋ビルヂング方面。
凄いねーっ(笑)、瓦葺きの家が多いのは言うまでもないが、ひょっとして、まだ畑が残っている?

また、真ん中遠方に特徴的な建物が見えるが・・・

c0345982_2137649.jpg
恐らく、名古屋市役所本庁舎だと思う。
官庁街のように、土地が広ければ、大名古屋ビルヂングも記念として残しておけたのにね。

c0345982_21371658.jpg
こちらは1961年、大名古屋ビルヂングの建設が始まった当時の写真。
いわゆる高度経済成長期に入っていく頃かな。

c0345982_2137253.jpg
1982年の頃。
名古屋駅前はバブル時代には殆ど発展せず、高層ビルが建ち始めたのは2000年以降、ここ十数年の事なので、まあ、一番馴染みのある、見慣れた風景と言えるだろうね。

さて・・・
若干世界経済が不透明なので、再開発がスケジュール通り進むかは分からないが、2015年に完成予定の大名古屋ビルヂング。
どんな雰囲気になるか、楽しみだな。
[PR]
by mie77_ex | 2012-10-14 20:27 | 名古屋駅前の風景 | Comments(0)

さよなら、大名古屋ビルヂング

c0345982_21181624.jpg
最終日9月30日、台風の影響で時折小雨の降る中、自身の思い出と重ね合わせながら、大名古屋ビルヂング内外を少し散策してみた。

c0345982_21182987.jpg
長い年月を感じる、ネームプレート。
住所に「名駅」とあるが、この辺りは、名古屋駅を略した「めいえき」が、そのまま住所として使われている。

c0345982_211836100.jpg
c0345982_21184594.jpg
(下の写真は、4月、ミッドランドスクエア展望台から撮影)
裏手には、今回一体開発される、ホテルロイヤルパークイン名古屋がある。(昨年2月に営業終了)

c0345982_2119712.jpg
正面玄関から中へ入ってみる。
惜しげもなく使われている大理石。
手すりの下に象られた、ひょうたん模様は、中村区で生まれた豊臣秀吉の馬印である千成びょうたんに由来するらしい。

c0345982_21192162.jpg
エレベーターホールには、小さなタイルを並べたモザイク壁画がある。
なかなか手が込んでいるね。

c0345982_21193495.jpg
c0345982_21194454.jpg
(下の写真は、9月中旬に撮影)
大名古屋ビルの地下街は、「ダイナード」と呼ばれていた。
若い頃は結構お世話になったが、個人的に一番の思い出は、上の階にあった某耳鼻咽喉科かな?
名医だけど、恐い先生だったなあ(苦笑)

c0345982_21195472.jpg
さて、いよいよ閉館する事となった、大名古屋ビルヂング。
まず最初にアスベストの処理をするらしく、実際に建物の解体が始まるのは、年末12月くらいらしい。
程なく防護壁が設置されると思うが、それまで暫くの間、雄姿を見る事が出来るね。

たくさんの思い出をありがとう!>大名古屋ビルヂング
[PR]
by mie77_ex | 2012-10-04 21:19 | 名古屋駅前の風景 | Comments(0)

大名古屋ビルヂングからのメッセージ

c0345982_20272776.jpg
ASIAのライブからの帰り道、名古屋駅前を自宅方向へ車を走らせると、正面に大名古屋ビルヂングの姿が迫ってくる。
それ自体は長年慣れ親しんだ、いつもの風景だが、ただ、テナントが退去し、閉館を5日後に控えたビルにしては明る過ぎやしないか?

不思議に思った僕は、デジカメ片手に車から降りた。

c0345982_20273672.jpg
THANKS・・・なるほど、そういう事だったのか!

こちらこそ、ありがとうね(涙)
9月で閉館する事は良く分かっていたし、記念の写真もたくさん撮ったが、こりゃ、最終日には、もう一度会いに行かなきゃな(笑)
そう心に誓って、シャッターを切ったのだった。
[PR]
by mie77_ex | 2012-10-01 21:13 | 名古屋駅前の風景 | Comments(0)