名古屋駅前の風景25

c0345982_0215326.jpg
(1800×1200)

シンフォニー豊田ビル建設現場全体を写してみる。
9階まで鉄骨の組み立て作業が終わっており、更に真ん中付近には、新たに3階分の鉄骨の姿がある。

c0345982_022579.jpg
(1920×1280)

西側。

c0345982_0221837.jpg
(1920×1280)

そして、北側、表通り側のカーテンウォール。
当初、低層階部分は、ガラスを多めに使ったデザインだったが、最終的には、ミッドランドスクエアに似たカーテンウォールを使用する、どっしりとした雰囲気のものに変更されている。

c0345982_0223417.jpg
(1800×1200)

次は大名古屋ビルヂングの最上階を見てみる。
まだ2台のタワークレーンが残っており、何やら、ヘリポートの上で組み立て作業を行っていた。
「H」マークも、まだ無いねえ・・・。

c0345982_0225618.jpg
(1800×1200)
c0345982_0231219.jpg
(1800×1200)

ぐるりと囲むように設置された、屋上のレール上には、色々な機械の姿がある。

c0345982_023295.jpg
(1920×1280)

低層階、商業施設部分の屋上、スカイガーデン(南東側)。
ガラス材を使ったフェンスが見えるが、カーテンウォールの設置、斜めの柱の仕上げなど、まだまだやる事がたくさんありそうだ。

c0345982_0234672.jpg
(1920×1280)

JPタワー名古屋の最上階は、同じくヘリポートに「H」は見当たらないものの、全体的に整然としており、作業はほぼ終わっているように見える。
四角く縁取ったデザインの部分は、北側と違い、まだ、部材を取り付けている最中だった。

c0345982_024077.jpg
(1920×1280)

低層階部分のガラスカーテンウォールの設置も進み、足場として使っていた鉄骨も、綺麗に無くなっている。

c0345982_0241142.jpg
(1920×1280)

次は、JRゲートタワー商業棟。

c0345982_0243911.jpg
(1920×1280)

手つかずだった南東部分の鉄骨は、6階まで組み立てられており、更に、手前、エントランス部分でも作業が始まっている。

c0345982_0245197.jpg
(1920×1280)

高層棟は、途中に天井高の違うフロアあるためか、ややゆっくりとしたペースで作業が行われている。
ただ、25階以上、つまりオフィス部分から上は、ある程度のスピードで進むんじゃないかな?

c0345982_0245973.jpg
(1920×1280)

真ん中に見えるカーテンウォールは、低層階部分と高層階部分では、設置する場所が、東西方向に少しずれているようだ。
カーテンウォールは全体的に白い部分が多く、セントラルタワーズを意識しているのが分かる。

写真は、すべて7月11日のお昼過ぎに撮影したものです。

[PR]
by mie77_ex | 2015-07-13 23:13 | 名古屋駅前の風景 | Comments(2)
Commented by k. k. at 2015-07-14 17:27 x
いつもブログを楽しませて頂いております。JRゲートタワーの超高層部分25階は構築にかなり時間がかかっているようですね。ホテル階とオフィス階の接続部分で構造的にもかなり複雑なものになっているためのようです。JPタワー名古屋の基準階の建設が一週に一階程度のペースで進んでいったので、JRゲートタワーもその程度のペースで進んでいくものと思っていたのですが、予想通りにはいきませんでした。少なくとも、7月中は25階の構築に費やされそうですね。
Commented by mie77_ex at 2015-07-14 23:58
>k. k. さん
解説ありがとうございます。

JRゲートタワー高層棟は、バスターミナル、ホテル、オフィスなどが入るので、複雑な構造になっているのでしょうね。
少し焦れったいですが、ゆっくり建設過程を楽しもうと思っています。
<< JRゲートタワー 54 JRゲートタワー 53 >>