名古屋駅前の風景19

c0345982_23241548.jpg
第二豊田ビル建設現場全体を眺めてみる。
多くのショベルカーが、あちこちで土を掘り起こしているが、右手には、大きな移動式クレーンの姿もある。

c0345982_23242619.jpg
少しアップで写してみる。
南西方面にコンクリートが張られているところがあり、その上には、何本もの鉄骨が借り置きしてあるので、そろそろ始まるんじゃないかな?

c0345982_23243958.jpg
冷たい風の中、鉄骨の組み立てを進めている、大名古屋ビルヂング。

c0345982_23245746.jpg
現在は26階、縦方向の鉄骨は27階まで到達している。
このペースだと、桜の季節には、最上階まで行くかも知れない。

c0345982_2325815.jpg
南東側は、相変わらず、工事車両の出入りが激しい。
左手上、スカイガーデンの階には、ガラスカーテンウォールの部材が置いてあるのが見える。

c0345982_23252440.jpg
(1800×1200)

JPタワー名古屋の39階部分を写してみる。
現在は、右手、名駅通り側の一番高いところに、白い色の部材を取り付ける作業を行っている。
全体を見渡し、ひとつ気が付いたのは、下階から伸びる鉄骨の接合部の形、大きさが、東西(写真だと左右)で違っていること。
今後、どんな展開になるのか注目したいね。

c0345982_23254277.jpg
(1920×1280)

JRゲートタワー商業棟全体を見てみる。
手前から2階、4階、6階と複雑な格好をしており、他の高層ビルとは随分違う組み立て方をしているのが分かる。

c0345982_23255537.jpg
(1920×1280)

商業棟の北側と、高層棟の様子。
依然として、例の移動式クレーンの姿があるので、搬入された鉄骨などの資材を、真ん中の小さな空間から吊り上げ、一旦整えてから、タワークレーンを使って組み立てているんじゃないかな?

c0345982_23261195.jpg
(1920×1280)

商業棟の南側を写してみる。
こちらでも手前の狭い空間から、吊り上げているのだろうけど、この作業方法では、タワークレーンが5基あっても、なかなか同時にフル稼働する事は難しいかも知れないね。

以前の「名古屋駅前の現状」から、「名古屋駅前の風景」に、カテゴリの名前を変更しました。
今後も、毎月10日前後に、展望台から、名古屋駅前全体の風景を撮影していきたいと思っています。
(写真は、すべて1月10日の14時頃撮影したものです)

[PR]
by mie77_ex | 2015-01-11 23:13 | 名古屋駅前の風景 | Comments(4)
Commented by あか at 2015-01-12 01:26 x
お疲れ様です(^^)

第二豊田もなかなか楽しみですね(^-^)
大名古屋も、最上階行くと多分、ついに六角形ですね(^^)d
ゲートタワーは複雑そうですね(>_<)
JPはどうなるか注目です(^^)
Commented by mie77_ex at 2015-01-12 22:03
>あかさん
ありがとうございます。

全体的に、順調と言って良いと思います。
JPは、まだ15m程度は伸びると思うので、ちょっと注目です。
下からだと、状況を把握するのが難しいかも知れませんが・・・。
Commented by k.k. at 2015-01-13 22:27 x
 いつもブログを楽しませて頂き有難うございます。ところで、JPタワーの40階の鉄骨のことなのですが、さすがに mie77-ex さんの観察眼は鋭いですね。40階基部の鉛直方向の鉄骨の形状から判断すると、39階までのようにごつい鉄骨が伸びるのは建物の西半分のみで東半分は華奢な鉄骨が繋がるものと思われます。このことは、JPタワーの環境影響準備書の建物立面図を見ても、機械室と判断される部分は、建物の西半分だけであることからも理解できます。40階の鉄骨組み立ては 39階までのように同じ作業の繰り返しではなく、少々複雑な手順となるので、下準備に時間がかかっているものと思われます。それにしてもJPタワーは鉄骨組み立てについても、最後にビルおたくにちょっとした楽しみをプレゼントしてくれるのですね。(笑)
Commented by mie77_ex at 2015-01-13 23:22
>k.k.さん
たいへん分かりやすい解説、ありがとうございます。
高層ビルの建設は、複雑で奥が深いですね。

さて、そのJPですが、本日、少し進展がありましたので、後ほど更新します。
<< JPタワー名古屋 23 大名古屋ビルヂング 30 >>